ファスティングダイエットで顔のシワが増えた!?

ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、3キロほど体重を減らすことができました。きれいになりたい、というその一心でファスティングを頑張ったのですが、鏡で自分の顔をよく見てみたら、なんだか、顏だけでなくあちらこちらにしわが増えてるように見えます。しわが増えたことと、ファスティングダイエットとなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、まあ、関連はあってもおかしくありませんから、今はとりあえず、スキンケアをじゅうぶんに行いつつ、情報を集めてみるつもりでいます。エイジングケアではコラーゲンの服用がとても重大な事だと思います。

コラーゲンは人肌のハリやツヤを生み出してくれます。若い時分のような素肌にするには、コラーゲンが必須です。コラーゲンが豊富に含まれている食べ物やサプリメントで補充するのが有用なようです。肌は肝臓の窓だと言えます。

肝臓の役割として、食事や呼吸によって体内でできた物質を代謝・分解することにより人体にとって無害な物質に変えていくのです。肝臓の働きが阻害されると、有害物質が血液中に増えていき、肌に悪影響を及ぼすのです。日頃から肝臓の調子に気を配ることがきれいな血液、健康的な肌へと近づくキーポイントなのです。お肌の加齢を抑えるためには自分の肌に合った化粧水を選ぶ必要性があると考えます。

自分だけでは決めかねる場合は、お店の美容スタッフにたずねてみてもいいのではないでしょうか。私も自分では決めかねる時には頻繁に利用しています。ある程度の年齢の方のお肌には、シミはあって当然と言えます。といいつつも、どうにかして改善できないか誰しもそう思うはずです。

私の場合で言うとビタミンC誘導体を最初に導入し、加えてハイドロキノンも試みてみましたが、結果として満足できず、今のところレチノールを主に使用しているのです。シミと戦おうと思うと最後は、レーザー治療が最適なのでしょう。通常、紫外線というのは曇りでも雨でも浴びている状態です。紫外線ですが通常は眩しくなく、熱くないので太陽が照っている夏の日以外は意識する事はそこまでないと思います。

しかし、普段の生活において、太陽の紫外線は肌に影響があると思います。顔のしわを取る驚異の「しわとりテープ」は、テレビで美容マニアの芸能人が本当に使える美容アイテムとして紹介していました。貼っているだけとは思えないほど効果絶大ですが、魔法の効く時間は限られているようで、長時間使うと、薄くなっている表皮に負担をかけ、使用した部位によっては腫れや湿疹、赤みを生じる可能性もあります。アイテープのスゴイ版と思えば、なんとなく納得です。

しわとりテープのようなアイテムは、依存しすぎないことが大事かもしれません。肌荒れに効果的なスキンケアのやり方のポイントは、顔を洗うことと肌をしっとりさせることの二つです。洗顔に関する注意点ですが、とにかく肌をゴシゴシこすらないようにして洗顔してください。顔にしっかり水分を含ませてから、しっかり泡立った洗顔料をのせて、泡を使って洗うようにします。

洗顔がついたままにならないように、ちゃんととすすぐことも大事です。お肌の乾燥が気になるという方は多いと思いますが、ケア方法をチェンジするだけでおどろくほど肌質が改善します。洗顔用石鹸をもこもこに泡立てて洗い、ぬるめのお湯を使って洗い流すことで乾燥肌を変えることができるのです、逆に、乾燥肌を悪化させてしまう洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを使用することです。大切な皮脂も一緒に落としてしまうので、このお手入れ方法はお勧めできません。

この時期は乾燥を心配して色々とお肌のケアを行いますが、そのことが逆に皮脂腺の炎症が増加するきっかけになっているように考えることがあります。普段は利用しないような基礎化粧品などを利用することが皮脂腺への刺激になり、毛穴や炎症を生じさせて、この季節でも吹き出物が出来てしまうことがあるそうです。